Happy Halloween

2005年10月5日

パンプキン

リサがナーサリーの頃 ハロウィンの衣装を縫って、近所の子供達とアパート中を回ったね。この頃は道路にプラタナスの大きな落ち葉が散り、澄み切った空気のなかでシカゴもナッシュビルも紅葉がきれいだったね。

Categories: 日々の事.

秋の恵み

2005年10月4日

秋の恵み

 八百屋さんの店先に秋の恵みが並んでいます。あれもこれもと
食べきれない程買ってしまいました。青い葡萄が一番好きかな?

Categories: 日々の事.

ハグ

2005年10月3日

シカゴ
昨日は日米協会の会長が来日したのでレセプションがあった。
トランプタワーが壊されスパイラルのビルになるという。WABASHI
の辺りは工事 工事で数年後には見違える程に生まれ変わるそうだ。
懐かしい顔ぶれと飛び交う英語、たまにはこんな空間に浸るのも楽しい
ウラベッチが貴女が元気そうなのが嬉しいと何度もハグしてくれた,彼女の
暖かさが心に直接伝わってくる。ハグは良いものだ、亡くなる前にお祖母ちゃん
を柔らかくハグしてあげたかった。

Categories: 日々の事.

旅立ち

2005年10月2日

須磨

 昨日未明  祖母が旅立ちました。
祖母は 兵庫県の社という所の裕福な造り酒屋に二男四女の三女として生まれた。すぐ上の姉が良く出来、 県一の女学校に上がったので祖母もと、父の兼蔵は特級酒を持って頼みに行ったそうだが そういう訳にもいかず親和女学校に上がった。祖母はそこでヴァイオリンを習ったそうだが 私はお琴を弾いている所しか見たことが無い。20歳で小町と評判の高かった祖母は神戸の二葉町で医者をしていた祖父の元に嫁いだ。束髪に結い 手に日傘を持った祖母の写真は輝くばかりであった。
 2枚目の写真は初初しい丸髷の祖母と今見ても結構イケテルと思える祖父の写真。
祖母によると、当時めずらしいダイヤの指輪と帯止めを結納の一部として収められ、婚礼の行列は延々と続いたそうだ。
 3枚目の写真は一男四女に囲まれた賑やかな家族の写真、この後日本は戦争に突入し
神戸の町も戦火が襲う、焼夷弾の落ちる様子を母から聞いた覚えがある、ダイヤの指輪と帯止めは供出された。それを話す祖母はあきらめきれない様子であった。
 戦後、私が生まれてお正月はもとよりしょっちゅう六間道で開業していた祖父の家に行っていたのを覚えている。朝ごはんはフロインドリーフのイギリスパンのトーストに
塊の北海道バターを塗ったのに決っており私の頭にはパンとバターのおいしさ
が決定的にインプットされてしまった。祖母は何時いっても洗濯をしており、家族の多いこともあるがどうも洗濯そのものが好きだったようにおもえる。
 88歳のとき 祖父が95歳で亡くなった、祖父は医院をやりながら大阪女子大で教鞭を取り、一方多趣味な人でもあった、油絵を描き うぐいすを多く飼い鳴き比べ会にも参加していたようである、俳句は俳号を持ち句集も出した。釣りをし漁師の友達も多くいたようだ。95歳のころ阪神大震災にあい須磨の家は崩壊した、家にいた四人のうち叔母が梁の下敷きとなり亡くなったが祖母は無事であった。
 昨夜未明、医師となった孫のうちの3名が見守り3人の娘に手を取られ、105年に及ぶ
人生を堂々と生き抜き幕を下ろした。

Continued…

Categories: 日々の事.

お気に入りの曲

2005年9月30日

庭

 毎朝、バスに乗りI-PODにスイッチを入れると
流れてくる曲はいつもながら心の琴線をかきならす。

  明日   平原綾香
  BEN  マイケル ジャクソン
       ヨーヨーマー 小田和正 天満敦子 倉本裕基 ショパン
       
       

Categories: 日々の事.