君が代

おいで
昨日はスエーデンでおこなわれた世界フィギュアスケート大会に釘ずけだった。真央ちゃんは強くて華やかだった。キム ヨナも滑らかで、情感たっぷりだったけれど真央ちゃんの方が光が強かった。その後の表彰式で北欧の金髪の人達が君が代を日本語で歌った。日本人が歌うと重々しく厳かにという意識が働くのか重い。しかし彼等の歌は軽くて、風が吹き渡るように透明で神秘的だ。この君が代のほうが好きだ。お気に入りの歌の一つにイギリスの女性歌手IZZYの英語バージョンの島唄がある、それも同じ魅力をもっている。
 画像は散歩中に近ずいて来たフレンチブル、家に居た犬はビションフリーゼ。セントルイスうまれ、テネシーで幼少期を過ごし、私達と一緒にアメリカの各地を旅して日本で15年の生涯を終えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。