再燃

あざみ3月にLDLコレステロールが高いのでメバロチンをレピトールに変えた。総コレステロールが182、LDLが111と下がったのは良いが、AST39、ALT51と上がり始めたので、すぐにレピトールを中止。一ヶ月後の検診ではASTが310、ALTが548と入院を勧められる。4年ぶりの再発、この前の爆発もステロイドを他の免疫抑制剤に変えた時に起こった。他の先生なら入院して一日30ミリグラムのステロイド投与が普通なのだが、私の場合はステロイドの増量は病気以上に副作用の負担が大きいので、ウルソを倍にして、ステロイドは普段の5倍の2,5ミリに増量。一週間後の検査でAST182ALT421と下がり始めた。2週間後の検査ではAST37ALT99になりホッと一息。上昇中は私の周りだけ高いGがかかっている感じが下がり始めると、フッと軽くなるなって宇宙遊泳でも出来そう。この2,3年は殆ど正常値で病気の事は忘れていたけれど、元気である事がどんなに有り難いか身に沁みた。それと患者を、一人一人よく見てその人にあった治療をしてくださる主治医の先生に感謝。今はまだ少しふらつくけれど、回復期特有のフワッとした浮揚感を感じている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。