明神館へ

明神館へ河童橋の辺の五千尺ホテルのティルームでフルーツタルトをお昼代わりにする。明神館へ梓川の右岸道を進む。

明神湖明神館に3時頃に着く、昔ながらの山里の旅館といった風情で、30年程タイムスリップした感じ。荷物をかたずけてカメラだけを掴んで、歩いて5分ほどという明神池へ。

鴨神の降りたる池と言われる明神池は澄み切った水面や人が近ついても気にしない鴨や岩魚のお陰で、こちらも心穏やかに彼らと一緒に穏やかな夕暮れの一時を過ごす。
 しかーし、宿への帰り道一大事勃発。シカゴブルスのマイケルジョーダンの全盛期のNIKEのエアマックスの踵部分がOUT.宿のご主人に接着剤は?と聞くとゴムが劣化しているからダメとのこと。店の隅にあったクロックスのサンダルを薦められた。しかも色は黄色、履いたらまるでドナルドダックになった気分。このアグリーな代物を履いて二日も歩き回るのは嫌だ。そこで明日上高地に来る友人に持ってきてと電話、心優しい友人は二つ返事で引き受けてくれたので一安心。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。