コスモス畑の女の子

コスモスの精時季が早かったせいか、遅い午後の昭和記念公園は人影も疎らだった。広い空間を占有して贅沢な気分。とっとこ歩く女の子の後を祖母らしき人が追っていた。

コスモスの向こう低い太陽の光を通して若いコスモスはくっきり。

女郎花木洩れ日と女郎花。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。