冬支度

冬支度フローリングの床が冷たく感じられるこの頃になると、新しいスリッパを買う。夏中、心地良かったガーゼのネグリジェをしまい、フリースのパジャマにチェンジ。
 第51回江戸川乱歩賞受賞作、薬丸岳の「天使のナイフ」を読み終わった。
被害者がかって加害者で、遺族が不良少年を脅して殺させるという、加害者の気持、遺族の気持、それに拘る多くの人々の感情がレースのように絡み合う。そして想像できない結末。本当に良くできた推理小説である。TVで相撲部屋のリンチ事件を報じていた。現親方は前親方に暴行した兄弟子達は逆らえないのだから彼らも被害者だと弁明した。だからと言って殺された方の遺族は許す気持になれるものではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。