ペンキ屋さんは私

リノベ-ションから12年経って木製の玄関ドアのペンキが剥がれてきた。怖々DIYすることに。まずサンドペ-パ-で古いペンキを平にしようとするもののらちが明かないのでサンデングマシ-ンを4500円で購入。始末に困ると思ったので養生テ-プをしっかり貼って水性ペイントにする。グレ-と白を混ぜたがグレ-が少し強すぎたので下地にして1週間に2回塗る。上からアイボリ-のスプレ-をやってみたが、アイボリ-のはずが汚いベージュになってしまった。またサンデングマシ-ンでけずってミルキ-ホワイトを2回塗って合計5回でなんとか完成。養生はしたものの床の煉瓦やガラス部分にはみ出たペイントを剥がすためにシンナ-を使わないわけにはいかなかった。これが私の天敵で蓋をあけただけで頭が痛くなるわ、目がかすむはオットットにほり投げたら彼は全然平気。一緒に臭いを嗅いだチャチャも悶絶。同時に犬のトイレで腐った床板をタイルに替える方は専門家に依頼しました。流石に手際も仕上がりも全然違う。お金に余裕があったら専門家に頼む方が良いけれど、シンナ-を頼む人がいればDIYも悪くはないといったところですかね。

P7270099

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。