想いのままに

想いのまま宝戒寺のこの梅の木は「想いのままに」という銘がついている。白からピンクへのグラデーションが愛らしい。

塀東慶寺は駆け込み寺としても有名な尼寺。年を取って出家した尼さんの枯れた寺というより、やんごとなき身分の姫君が花を愛しんで日々の暮らしを楽しんだ寺という印象。

木瓜黒塀に赤い木瓜の花が、嫌味の無い様子で配されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。