昭和レトロな隠れ家風カフェ

2016年10月23日

鎌倉駅のちかくに私の好物の廃屋のような建物にカフェのメニューの板きれが掛かっていました。此のところ食べたかったレモンメレンゲパイの魅力に思わず入って仕舞いました。私の子供の頃の昭和の家庭そのものです。このコーヒーカップもアンティークの香りがします。残念ながらお目当てのレモンメレンゲパイは9月で終了でした。なのでサックサクのショートブレッドです。レモンメレンゲパイは昔、よく使った主婦の友社の「お菓子の本」から復元してみましょう。このお菓子のおかげで私はレモンが大好きになりました。

Categories: 日々の事.

Comment Feed

No Responses (yet)



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.