妖しの森

ayasiゆりと白樺と霧が一緒になるとミステリーが始まる。霧につつまれた疎間道をたどるとアールヌーボーの鉄の門扉の奥に古ぼけた洋館が現れて、ドラキュラのような衣装を着た執事が扉を恭しく開けながら「ようこそ マダム」といったりなんかして。

bagビーズ織に一時凝っていた。、引き出しにぽつねんと転がっていたビーズのブレスレットをバッグに仕立てる。裾が狭くて歩きにくいシルクシャンタンのロングスカートを切り刻んでビーズ織を活かすためにシンプルに。ちょっと歪んでいるのも愛嬌。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。