裁縫箱

2018年3月2日

裁縫箱が古くなったので百均の標本箱三個とバルサ材で作ってみた。この針刺しは妹が結婚する時に神戸の北野町で買ったものです。本当のアンティークになってしまいましたが新しいものに変える気にはなりません。この針刺しが収まるには高さがいるので二個の標本箱をボンドでくっつけて底をぶち抜きました。薄い木なのでニスを塗ると反ってしまいました。でも軽いところが気に入っています。

Categories: 日々の事.

Comment Feed

No Responses (yet)



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.