アジアンタム

アジアンタムアジアンタムは薄い緑で繊細で儚げな所が魅力。最初の頃は陽が当たりすぎとか水のやりすぎとかちょっとした事で枯れて育てるのが難しいのはその繊細さのせいかと思っていた。あるとき枯れたアジアンタムを根元まで切り詰めたら10日ほどで元の大きさに復活。葉の緑も濃く儚げな雰囲気はきえさり、いつでも復活してやるぞという逞しさのイメージが前面にでている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。