修復

2018年8月1日

シンプルな模様とナチュラルカラーが気に入っていたセーター。胸とお腹の辺りを虫が喰って穴が空いてしまいました。新しい糸で一から編むか、ほどいて穴のところから編み直すか。後者を選びました。チリチリになった糸をそのまま編んだのでなんだか凸凹しています。そういえば私に編む事を教えてくれた祖母は編み直しの時はヤカンの湯気に当てて毛糸をのばしていました。懐かしい場面ですが、現代では編み直しなどしないのでしょうか。家はIHだからして湯気の持続は無理だし。

Categories: 日々の事.

Comment Feed

No Responses (yet)



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.