アザミのブローチ

これは私がデザインして彫金を趣味にしておられた御近所の御主人に作って頂きました。その御主人が亡くなりました。

急に体調を崩されて入院されたのですが、コロナ下の入院は面会も出来ませんし家族にとっても辛いものです。

自分の自己免疫性肝炎の時を思い出しました。枕から頭が上がらない。身体の中では暴走する免疫とステロイドが戦っていますが、勝負はどちらに転ぶか分からない。朝晩採血して戦況を推し量るだけです。退院してからも身体がフワフワして宇宙遊泳をしているようです。人間が生きているのは奇蹟の様なものです。残った奇蹟の日々を生き生きと生き切りたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。