ウエストサイドストーリー

1960年代 10代の頃に熱狂した映画をスピルバーグ監督がリメイク。主役のトニーとマリアは歌手として素晴らしく説得力も秀逸でしたがダンサーとしては酷くてひきの画面は吹き替えのようです。他の出演者達はバレエダンサーではないかと思われます。歌と踊りは原作より数倍素晴らしいのですが、ナタリー ウッド ジョージ・チャキリス リタ・モレノの映像が自分の中でより美化されて存在するのでスピルバーグ監督の人選には納得がいかないのです。バーンスタインは偉大です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。