退院48日目

 小学6年生の頃、原爆の被災者の写真が載った朝日グラフを見せられました。先生が君達は見たく無いかも知れないが、見る義務があると思う。そしてこの事を忘れ無いで欲しいと言った言葉はその残酷な写真とともに今でも鮮明に覚えています。小学6年生というのはそれが戦争で起きた事、戦争では我々と同じ一般市民も死ぬのだと言う事を理解出来ます。その後の長い人生、いつも頭の片隅に存在しています。
 
 画像はやっと到着したサワードウブレッド用のバネトンバスケットです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。