牧野富太郎記念庭園

 

牧野富太郎記念庭園で開催されている弟子の川崎哲也氏の桜の植物画展にいってきた。ルーペでみても定かでない額の産毛まで

細密に描かれている。マクロの世界は好きだが、絵画は細密に正確に描き、写実であるべき写真をデフォルメしようとしている なんと天の邪鬼な。

庭園の庭に咲いていた梅。川崎哲也氏の描く桜を見ながら梅はしべが命なんだとつくづく思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。