トトロの森から賽の河原へ

苔むした倒木が転がるトトロの森、鹿やうさぎやきつねが息を潜めて私達をどこかでみているのかしら。

最後までこの森が続けば良いのにと願ったが、現実は甘くない。

この賽の河原を這うようにして渡りきらないと下界には戻れないのです。仲間の山の達人はまるで風の又三郎のようにヒューと我々を追い越していきました。

“トトロの森から賽の河原へ” への2件の返信

  1. 風の又三郎とは!
     ありがとうございます。でも、老けすぎ;;

  2. ガハハ、でもカッコよかったですよ。彼は重心が身体の真ん中にあって、カメ組は重心が大分下にある感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。