ローストビーフ

時々、我が家の定番メニューのローストビーフをつくる。肉の全面に塩と黒コショウとグラニュー糖をまぶしつけて馴染むまで室温で20分ほど置く。フライパンで肉の全ての面を焼いて焦げ目をつける。大き目に切った玉ねぎとジャガイモとニンジンをそのフライパンでしんなりするまでいためる。お肉は日本では手軽でお安いオージービーフかアメリカンビーフを500g位用意する。オーヴンの天板に炒めた野菜をしいてその上に焦げ目をつけた肉を載せ、200度で20分位焼く。20分経ったらオーブンから出してアルミホイルできっちり包んで2時間位放置する。その間もホイルのなかで熱が加わっておいしくなると信じているのでこれは大事な過程。ホースラディッシュと市販のローストビーフソースか山葵醤油で頂くのがお薦め。グレーヴィソースってお醤油と似た味なのでわざわざ作らなくてもと思ってしまいます。この料理のポイントはグラニュー糖をまぶす事と焼いたあとホイルに包んで2時間程置く事、きっと美味しくなりますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。