水谷営三先生追悼の会

 私のブリッジの師、入門から実践まできっちり基礎を教えて下さった水谷先生が亡くなられた。先生が紹介して下さった2オーバー1の本を自分の理解を深めるために翻訳した。最初はコピー機で一枚一枚
 コピーして友人に配ったりしていた。その後アメリカ駐在中にブリッジのナショナルのサンフランシスコ大会で本の作者のハロルドヘルドハイム氏と遭遇。彼の了解を得て帰国後水谷先生監修のもと出版することになった。こうして先生の写真を見ているとその渋い独特の口調が聞こえてくるようだ。ブリッジの父を失ったような気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。