ベートーベンとデートしよう

ハワイから25日の夜、帰って来ました。 毎年シカゴ時代の友人達と「すみだ第九を歌う会]に参加しているが、リハーサルに出席できないので今回は聞く方にまわることにしました。人には言えませんが、モーツアルトはあまり好きではなくてドラマチックなベートーベンさんに唄うたびに惹かれていくのです。毎回、福島明也さんの素晴らしいバリトンで始まる歌唱の部をドキドキしながら待ちます。

佐藤しのぶさんはいつもグラマラスで華やかです。豊満な胸の持ち主ですが、とても細いひとなのです。

友人にグレーか黒しか着ない私は地味すぎると云われるので、年相応に少し綺麗な色もきてみようか 
と思わせてくれました。

会の後はいつも友人達と打ち上げです。今年は如水会館ですき焼き。

早く起きた朝はでやっていた「温泉卵のすき焼きどんぶり」が話題に、美味しいですよ。

温泉卵のすき焼きどんぶり

■材料 2~3人前
切り落とし牛肉  150グラム
玉ネギ      小2分の1個
車麩       2ケ
青ネギ      3本
焼き豆腐     3分の一丁
えのき      3分の1パック
温泉卵      2~3個
木の芽      適量

(合わせ出汁)
出汁       70cc
みりん      50cc
濃口醤油     35cc
てんさい糖    小3分の2
■作り方
1.牛肉は一口大に切り、玉ネギはスライスする。車麩は水で戻し4等分にする。
青ネギは斜めに切り、肉と合わせてほぐしておく。豆腐は3センチ角に切る。
2.フライパンに合わせ出汁と玉ネギ、車麩、焼き豆腐、えのきを加え沸騰させ、 1分半ほど煮る。
3.牛肉と青ネギを加え、箸でほぐしながら全体的に火を通す。
4.丼ぶりに白御飯を盛り、上からすき焼きの具材をのせ、真ん中に温泉卵をのせて出来上がり!
5.木の芽を香りとしてのせると色合いもよい。

※温泉卵は市販でよいが、お家で作る場合はM玉の常温を使用して、68℃で23分加熱する。季節によって時間が多少前後するので気をつけるようにする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。