クルクマとねじ花

六本木のブリッジクラブで珍しい花と懐かしい花に出会った。クルクマはショウガ科の花で別名ハルウコン。

一時、夢中になっていたのにすっかり忘れていた。そうそうこの花はアジサイの季節に咲くのだった。
ネジネジは可愛い。あそこの野原に行って撮ってこよう。

コンデジの画像に満足できなくなってしまった。画素数は十分なのだが明るさの調整がカメラ任せではつまらない。


カメラはどこまで進歩するのでしょうか?ニコンのD800は3630万画素,キャノンのmarkⅢは2230万画素、共にISOを常用で6000は問題ない、ということは薄暗い室内で動くものを手持ちで撮れるということ。写真教室では画像処理の段階でシャッタ-スピ-ドを変えられるようにそのうちなるかもしれないと話していた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。