コスモス もっと

コスモスとは関係ないけれど浅田次郎の「赤猫異聞」を読んだ。本当に舞台装置がうまい。目に浮かぶ舞台装置に明確で強烈なキャラクタ-設定でわき役もナレ-タ-も適役を持ってくる。私の頭の中で映画が一本出来上がってしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。