石蕗

つわぶき
御苑の木の根元に植えられていたつわぶき。語感がなんとなく奥床しい感じがしてしらべてみた。茎は蕗と同じような料理方のよう。「つわぶきの日陰は寒し猫の鼻」、どうもこの写真のように日陰に咲くようだ。

光
この時、黄色の木の葉がサヤサヤ サヤサヤと光が煌めくように舞い落ちて来たのだけれど写真には写らない、デジタルでは無理なのか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。