万華鏡

028

 

積丹半島から昼過ぎに昼の小樽の街にもどってきました。小樽は小樽ガラスと海産物、明治 大正時代を偲ばせるレンガ造りのアンティ-クな建物が一杯。万華鏡が欲しくてガラス屋さんへ、数百円のものから数万円のものまでピンキリですが高いものはそれなりに

細かくて複雑です。ほどほどのものを1個求めました。

1145

 

1149

 

1155

1159

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。