kite

とんび
比叡山から近江舞子のホテルへの道の広い空にとんびが大きく弧を描いていた。とんびは英語でなんと言うのかという話になってオットットがネットで調べた、それがKite。ゆったりと飛ぶ様、急にくるくる回って急降下したり、それは凧の動きによく似ている。妹はオーストラリアにはとんびはいないという、広大なあの国には似合いそうなのに。

平等院
10円玉の裏に描かれた平等院鳳凰堂を見たいと思いつきで言った事が実現して、京都の外れの思っていたより大きな宇治川のほとりの平等院を訪ねた。千年も前のデザインとは信じられない優雅でおしゃれな建物でした。

“kite” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。