花にら

2006年3月16日

花にら
今朝 ステンドグラスのお教室のある路地裏に花にらがキリリと咲いていた。この花は私の高校の校章、卒業して40年。MLもあるし、良く口実を設けて会う事も多い。亡くなった人もいれば病の人もいる。でも同じ目線で肩組み合って歩いている心強さがある。心を病んで皆に迷惑をかけても見放さず、叱責したり 意見したりする。根底に大きな優しさがある。本人は分かっているのだろうか?分かっていても必死に人とのつながりを求めて足掻いているのだろうか。

Categories: 日々の事.

イモの葉

2006年3月15日

イモの葉
風邪の引き始めは気持ち悪いけれど、直りかけの時に家でグダグダ過ごすのは良いものだ 特に春めいたこんな日は。ガラスと鏡をみがいた。キュッキュッと音をさせながら磨く。光が家の隅まで届くこんな日は磨かずにはいられない。掃除の後は花屋へ。
ラナンキュラス ネモフィラ アリョサムを買って来て植える。忘れな草も心惹かれたけど花期が短いのであきらめた。

桜
今日のすすき野公園の桜、あと1週間程かな?

Categories: 日々の事.

伏し目がち

2006年3月14日

クリスマスローズ
我が家の今日のクリスマスローズ、伏し目がちと言うか何というか あやしてもすかしても頑固に顔を上げない拗ねてる幼子のよう。昨日はご近所の友人達とタマプラーザでランチ。10年程前、私たちがアメリカに駐在中に斜め向かいの家の奥さんが小学生の男の子と女の子を残し交通事故で 逝ってしまわれた。ご主人が男手一つで育ててこられ二人とも結婚して独立。ご主人も再婚するので家を売ってマンションを購入されたとのこと。皆一様に心の片隅でお気の毒に思っていたのでホッとした。同年代なので人事とはおもえないのだ。甘えん坊だったちほちゃんおめでとう。幼かった頃の二人の姿はおばさん達の心の中にちゃんと残っていますよ。

Categories: 日々の事.

ヒョウかアラレか

2006年3月13日

ヒョウ
3月も半ばだというのに昼過ぎ、横浜ではアラレがふりました。九州では膨らんだ櫻の蕾がつららに閉じ込められていました 可哀想だけど美しい光景でした。ヒョウはそのしっかりした四肢も スレンダーな肢体 模様も色も良いと思うけど 描くほうが風邪引いてまんねんということでピリッとしません。

Categories: 日々の事.

夜桜

2006年3月12日

夜桜
今日のお絵かき教室は季節の先取り、夜桜。エアブラシでまるで花咲か爺さんのように桜がパァーと咲いていく。最後に真ん中から橋に向けて一つ、右端から手前の桜に向けてもう一つ 照明効果を使ってライトアップ。
嬉しくなっちゃう、先生ありがとう。

Categories: 日々の事.

花籠

2006年3月11日

バスケット
風邪が初期症状の段階で長引いている。ゾクッと来た段階で生姜入りのホットレモン、葛根湯をしっかり飲んだのが原因かしら。
いっその事 何にもしないで寝るだけのほうが早くわるくなって早くなおるのかな?

Categories: 日々の事.

ミモザとアップルパイ

2006年3月10日

ミモザ
新百合のブリッジクラブに誰かがミモザの花束を持ってきた。その小さな毛糸のポンポンのような花に春のシンフォニーのパートを充てるとすればピッコロかな?

アップルパイ
お菓子の先生が練りこみのアップルパイを焼いてきてくれた。子供の頃、よくベタベタのバターとドウを馴染ませるのに悪戦苦闘していた
のを思い出す。大人になってからは面倒なのでミキサーでバターと粉をミックスして5,6度畳んでは伸ばすやり方、或いはパイシートでごまかしていたけれど、味は全く違う。昔のパイの味がした。

Categories: 日々の事.

オレガノ ケントビューティ

2006年3月9日

オレガノ
グリーンのグラデーションが好きで毎年買うのだけどいつも失敗、今度は家の中で管理強化してやってみよう。

Categories: 日々の事.

ナルニア国物語

2006年3月8日

ナルニア国物語
クリスマスローズを大接写、たまにこんな接写も出来るのだけど意図して出来ない所がつらい。水曜日なので映画とサウナのワンセット。ナルニアは子供の頃の童話がそのままパノラマで展開していくよう。CGがなかった頃はアニメでしか表現できなかっただろう。子供向けだが春休みには少し早かったので混んでいなくて良かった。

Categories: 日々の事.

優しい花

2006年3月7日

沈丁花
沈丁花を描いてみた。四つの花弁の星のような花が数十個集まって一塊に、花弁は粘土で作ったかのように肉厚でポッチャリしている。なんとなく不安定な春先にはこのポッチャリと可愛いピンクが優しい。

Categories: 日々の事.

2006年3月6日

箱根
昨日 オットットが箱根で撮影した富士山。お天気が良くてパラグライダーがトンビのように10個位飛んでいたそうです、平和だなー。

Categories: 日々の事.

沈丁花

2006年3月5日

沈丁花
今日は天気がよいのでオットットは河津桜を見に伊豆方面に、しかし思いはみな同じらしくいつまで待っても行き着きそうもないので富士山をデジカメに納めて退散、わたしは高田の馬場で勝負、かえりに寄ったお蕎麦屋の店のまえに沈丁花が微かな香りを放っておりました。

Categories: 日々の事.

チェダーチーズのパン

2006年3月4日

パン その2
お気に入りのパン その2。堅いパンのデコボコした感じとかひび割れを描写するのが難しい。チーズの光は消しゴムで、本体は水彩とコンテで描いてみました。

Categories: 日々の事.

ガメラざます

2006年3月3日

ガメラ
私 ガメラざます。見て頂戴、このミッソーニも顔負けのOutfit 30色以上も使ってますのよ。ナヌ 気味悪い?和田エミさんの代わりにすべての色をオーガンジーに染めてフィギアのコスチュームにしたい位よ。

Categories: 日々の事.

桜の芽

2006年3月2日

sakura
ただ今のつくし野公園の桜はこの状態。お花見マニアとしてはヤキモキの日々がやってきた。いつだって75%満足までもいったことがない。私の病気にはストレスが最大の原因と思われると言い訳をして成り行きまかせ。咲けば良し、咲かずとも又良し。

Categories: 日々の事.

ミックスフルーツのベーグル

2006年3月1日

ベーグル
ただ今のお気に入りの朝食のパンはミックスフルーツのベーグルと四角く切ったチーズの入った堅いパン。これは2.3ヶ月で変わる。この前はポンデケージョだった。

Categories: 日々の事.

記憶の中に

2006年2月28日

静香
こんなに多くの人達の記憶の中にその姿を留めた人は少ないだろう。

Categories: 日々の事.

梅の季節

2006年2月27日

梅
早春の 花びらの向こ 風光る。 俳句というのはどうしても5-7-5に纏めなくてはという所が苦しい。向こうにすると8字になっちゃうし
ズルしても良いの?青空に 風まどろむや 花の先。この方がズル無しだし季語も重ならなくて良いかな。

Categories: 日々の事.

有頂天ホテル

2006年2月26日

yukiyama
午前中はお絵かき教室 実際の水彩も塩粒を撒いて絵の具の水分を吸い取り雪の効果をだすのだそうだ。このソフトを作った人は凄い、絵もPCもマスターした人でないと出来ない。午後からは有頂天ホテルを見にいった。文句なく笑える 隣の小学生も中年のおじ様も笑いどうし、たまにはこんな映画も良いかも。

Categories: 日々の事.

風子

2006年2月25日

風子
私の名前は風子。先日 登場したアライグマのおば様とは親戚、顔は似てるけどスタイルは随分違うのよ。私も直立できるけど アライグマさん達もちゃんと立てるの。

Categories: 日々の事.

輝く

2006年2月24日

荒川静香
日本列島のアチコチからホッ、ホッ、ホッと安堵のため息が聞こえてきそう。荒川静香はプレイヤーの中で一番輝いていた、美しかった。体格も欧米の選手より秀でていた。上品な美しさは中国のお姫様にふさわしかった。

Categories: 日々の事.

Ginger

2006年2月23日

Ginger
昨日 くしゃみが2回 誰か悪口言っているのかな?
生姜を摩り下ろし レモンの絞り汁と蜂蜜とペパーミントの葉の粉に 熱湯を注いで
飲んだら今日はスッキリ。去年リサが風邪を引いたとき 念には念をと葛根湯の顆粒もいれたら相当まずかったらしいので 今回 葛根湯は別に飲みました。

Categories: 日々の事.

蜜柑

2006年2月22日

みかん
ステンドグラスのお教室での今日の話題はミキティの衣装。和田エミさんのデザインだそうだがフィギィアにはやはり流れるような布の動きが欲しかった。昨日半年ぶりに会った友人が顔が元に戻ったねといってくれた。
そういえばこの半年程は鏡も普通に見るようになっていた。ありがたいとは思うけど
顔がフグのようにふくれても髪の毛が無くなっても生きて行かなくてはならない。ことの他 美しいものが好きな女性達にはこの副作用はつらい。

Categories: 日々の事.

河津櫻と山葵谷

2006年2月21日

山葵
今頃は例年ならもう河津櫻は満開の筈なのにまだ2分咲きとか、天城峠の山葵谷は艶々と緑だったなー。

Categories: 日々の事.

春は曙

2006年2月20日

あけぼの

春は曙。やうやう白くなりゆく山際 少し明かりて紫立ちたる雲の細くたなびきたる。平安時代 清少納言もこのような景色を見ながらこの歌を詠んだのだろうか?

Categories: 日々の事.