序曲から

2006年3月24日

雪柳
春は序曲から中盤にさしかかっています。まず辛夷、木蓮 ミモザに連翹、雪柳。                          google earthのお陰で1時間の間に我が家の庭からミシガン湖の上を飛んでChicagoへ そしてNashvilleから富士山の火口を覗いてさっき帰ってきました。大変な時代になったものです。

Categories: 日々の事.

アメリカンショートヘァ

2006年3月23日

アメリカン
子猫ながらすでに猫族特有の孤独の影を纏ってる。

Categories: 日々の事.

木瓜

2006年3月22日

木瓜
花屋の店先に櫻によく似た枝物が束にして挿してあった。その水桶の札にはカタカナで「ボケ」と書いてあった、何故かドキッとしてしまった。

Categories: 日々の事.

江田の桜

2006年3月21日

246の桜
246号線沿いの江田駅の近くに桜の大木がある。種類は分からないが吉野桜より一月程前に満開になり、吉野が盛りのころには青々とした葉桜になる。駅の前の陸橋を見下ろすように堂々と今真っ盛り。

桜 堂々
3月18日  曇り空に立つ満開の桜。

Categories: 日々の事.

蕗の董

2006年3月20日

ふきのとう
先日の蕎麦懐石での事 てんぷらを口に運ぶと爽やかな苦味が口の中に広がった、これが蕗の董。愛と死を見つめてをリメイクに反発を感じながらも見てしまった。みこが皆元気だけど私は病気 と言うセリフがあった。私も自分が弱っているとき、元気一杯の先生とか看護婦さん達にはもうちょっとテンション下げて欲しいと思った事を思い出した。元気になった今は先生が暗い調子だと気が滅入るだろうし、ラジオのヴォリュウムと同じで全ての人に共通とはいかない。しかし病気の時は健康な人と病気の人の間にははっきりと壁があった。

Categories: 日々の事.