多焦点眼内レンズ

グラ目の手術をするきっかけは白内障の手術をした友人が角膜の専門医を紹介してくれた事が始まりだった。白内障は濁った水晶体の中身を吸い出して折りたたんだ眼内レンズを注射器のような細い管で入れる。普通の手術は単焦点のレンズなので、遠視か近視のどちらかのメガネが必要だった。しかし2002年から日本にも導入されて、幾つかの眼科医院では多焦点レンズを使い始めたと聞く。白内障の手術が必要になった時は是非このレンズにして貰いたい。それこそ目から鱗のニュースだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。