マリモと子育て

育児書私が赤ちゃんと遭遇したのはアメリカでスポック博士の育児書がバイブルのように持て囃された頃だった。添い寝はいけない、自立心を養うために泣いてもすぐに抱き上げないとか心を鬼にして我慢したりしたのだけれど今から思うとばからしい。泣いたらいつまででも抱いてあげればいい、ミルクが欲しければ1時間たってなくても良い、自然にやれば良い。でも時間と心に余裕のある今だから言えることで、子育て間最中の人たちには回りの手助けがなければ難しい事かもしれない。
 マリモはシートの上で排泄ができたら、一緒にマリモダンスを踊り、失敗したら知らん顔をする事にしている。最近はした後で褒めてダンスをしてくれと報告に来る。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。