10分間の物語

2019年11月18日

ジムでポアントのクラスとヴァリエーションのクラスの間の10分程をスタジオの前で待っていました。ステップのクラスを待つ婦人が話しかけて来ました。ステップは捻挫しやすいんですよね、私は旅行の初日に安全祈願の神社の前で転んで手を着いて骨折したんですよ。そんなに痛くないので旅行を続けて帰って病院に行ったら骨折でギブスですよ。一月かかりましたが、主人が良く助けてくれました。その主人と夫婦4組で温泉旅行に行ったんですよ。主人は夜中まで飲んで騒いで朝になってなかなか起きないので見たら少し吐いていました。スッキリしようというので温泉に入って、彼女が部屋に戻っても一向にご主人は戻って来ません。そのうちフロントから連絡が入りご主人がお風呂で浮いていたので救急車で運ばれましたとのことです。すぐに病院に行くと血圧が下がり脳死状態でしたが、娘が京都から駆けつける迄先生が持たしてくれました。私は楽しい最中に亡くなってある意味幸せな亡くなりかたかも知れなませんねと申し上げました。たった10分足らずの時間に私に二日間のドラマをそこに映像が見えるように淡々と表現したこの婦人の表現力にびっくりです。

Categories: 日々の事.

Comment Feed

No Responses (yet)



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.