明治のかおり

 この写真は1893年生まれの祖父と1900年生まれの祖母

の結婚した頃の写真と思われる。1920年、明治後期の頃

だろう。 父は一人っ子だったので父の告別式には母方の

親戚が多く集まった。母方の親戚の一人が「木南家のルーツ」

という草稿のコピーを見せてくれた。それはこの祖父の曽祖父

から始まる家系図と人物像が描かれていた。父を亡くしたのを

きっかけに、それぞれの時代を生きた人々に思いを馳せる。

左が祖母で、妹と姉とその子供のようだけれど定かではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。