梅の季節

梅
早春の 花びらの向こ 風光る。 俳句というのはどうしても5-7-5に纏めなくてはという所が苦しい。向こうにすると8字になっちゃうし
ズルしても良いの?青空に 風まどろむや 花の先。この方がズル無しだし季語も重ならなくて良いかな。

“梅の季節” への2件の返信

  1. 早春も風踊るも風光るもやはり春の季語だと思うのだけど・・・。
    口調が良ければ一文字くらい、いいみたい。俳句は季語はいるけど川柳は要らないらしい。

  2. 早春の花びら寒し風薫る なんてのは当たり前すぎるかな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。