高幡不動の紅葉

多分今年最後の紅葉の撮影を高幡不動で。約5時間、同じ場所で撮り続ける。同じ場所で同じ紅葉を300枚近く撮ると、撮り方が最初の方と

最後の方では明らかに変わってくる。そうして自分を追い詰めて、見方を変えていくというのがこの先生のやり方らしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。