Justice

NHKのマイケル サンデル教授のハーバード白熱教室をみた。正義は普遍的なものか、コミュニティによって変わってくるものなのかをテーマに生まれる前の戦争責任を次世代の人は負うべきかなどの

身近な例を出して、対話形式で授業は進められていく。例えばオバマ大統領は原爆投下について謝罪すべきかという題材には意見は6対4位に分かれていたように思う。原爆という非人間的な兵器を使用した国の代表として

キチンと謝って核兵器を無くす努力をしてほしいと思う。と同時に日本は東南アジアで行った事について謝罪しなければならないだろう。しかし実際には、オバマさんは退役軍人会の強烈な反対で謝罪はできないだろうし、理想通りに

いかない事はわかっているが、多くの人がその事について考えを述べたことは少し胸のつかえが下りた気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。