狐の足跡

木曽の阿寺渓谷の早朝撮影の帰り道、朝日に輝く新雪の上にくっきりと一直線に続く足跡。何の足跡か不思議に思っていましたが、友人のサスケさんのブログで判明。狐は前足の足跡の上に後ろ足を置いて、前足は交互に出すので一直線状になるのだそうだ。

アーすっきりした、サスケさん有難う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。