ボレロの謎

ボレロの謎
題名の無い音楽界でラベルのボレロをとりあげていた。バレエとして、モーリス オジャールの振り付けは素晴らしく、白鳥の湖なんていらんと思っているが、羽田健太郎がソフトにそれぞれの管楽器の役割を素人にも良く分かるように説明していた。出演者の一人が楽器屋さんを儲けさせるためにかいたのではないかと言うほど多くの楽器が出てくる。そしてそのほとんど全ての楽器に緊張するソロのパートが用意されている。バレエのボレロもオーケストラとしてのボレロも私の宝箱の住人だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。