ワイルドな編み物

 セ-タ-よりサマ-ニットの方が着る機会が多い。メリヤス編みとガ-タ-編みで適当に上に向かって減らし目をしながらひたすら編み進む。衿ぐりもそでぐりも編みっぱなし。肩はぎと脇を閉じれば一丁上がり。
ア-スカラ-の麻糸は縄文時代の女の人のような気分。すとんと頭から被ると麻糸の適度な重量感が裾周りにあってお気に入りの一枚になりそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。