府中競馬場

競馬
新装なった府中競馬場のダービールームに友人のおかげで入る事ができた。何しろ競馬というものは生まれて初めてなのでケンタッキーダービーに招待された友人の話から帽子だーとクロゼットをひっくり返して一番つば広の帽子に決定。京王線に乗ると、競馬のある日だけ東府中に準急が止まると言う。ホームに着くと、競馬専用列車が待っており競馬場はまるでホテルのよう。馬券の買い方も単勝とか3連単にワイド、枠買等一度では覚え切れない。馬券は券売機で買うのだが、勝って払い戻すのも払い戻し機だ。残念ながら最後までこの機械を使う事はなかった。馬の名前も面白いのがある、サケダイスキーとかオレハマッテルゼとかゴーゴーゴーとか。こんなふざけた名前の馬が勝つ訳ないわと目も呉れなかったのだが場内アナウンスはサケダイスキー、サケダイスキーと連呼して優勝してしまったのだ。
20人位いた友人達の何人かは、なんの前評判も無かったこの馬に賭けた人もいたようだ。つまり、余り競馬新聞に頼らず好みで買う方が良いということ?でも最初に容姿で決めて単勝で買った馬はコースの4分の3までぶっ千切りでビギナーズラックかと思いきや、最後の所でベテランの一番人気の馬に一位を持っていかれてしまったのでありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。