ほのぼの

043ここのお猿は母猿がしっかと子供を抱き締めて面倒をみる。、山に帰る時は子猿の手をひょっととってお尻の上に乗せて急峻ながけ平然と登っていく。「お猿だから当然と言えば当然だけど)何だか見ている方もほのぼのしてくる

064子猿のしぐさが人間の幼児とそっくりでかわいい

524

“ほのぼの” への3件の返信

  1. 続き…
     『樹静かならんと欲すれど風止まず、子養わんと欲すれど親待たず』でしたね。
    昨夜寝ながらフゥーと考えてね、早速訂正メールです。
     オリンパスMOーD軽いね…何時でも何処へでも手軽に持って行けそう…機能の格好も限りなく一眼レフに近い…ファインダーが有り、イメージセンサーがフォオーサーズ…これが有難い。タッチパネルも出来るんだ!!!交換レンズも沢山有り、先が楽しめそう…明るいレンズの少ないのが少々物足りないかな
    ?   この前の大雪格好の降雪シャッター練習に成りましたね…シャッターはRAW画像でも修正出来ませんからね…如何でいたか…  ではこの辺で

  2. ミロさんお久しぶりです。いつも見て下さっているんですね、心強い限りです。ミラ-レスは
    ピント合わせも一眼と同じように出来るし、補正もレンズ交換もできるし大したものです。撮影会の後の講評会の皆さんの作品はプロの先生達も大絶賛でした。

  3. 晩秋の静謐の刻に究極の麗美を追求した、実作品の
    『彩り』拝見させて戴きました。
    ISO2500で1/320ですから、手持ち撮りでしょうなぁと拝察しました。MARKⅢは重いでしょうからM嬢にとっては、息を堪えての「思いの丈」を込めた瞬作ではなかったかと想像して拝見しました。
     F教室時代のY嬢にお逢いしました。懐かしい思いでで、つい長話をして仕舞いました。
     K嬢の作品も上手に前ボケを応用してましたね…
     見る人にはレタッチは分かりませんのに、Y嬢の作品は背景をレタッチで仕上げした作品だそうでね…
    講師の先生は、レタッチも得意の様ですが、素人にとってはPCに精通してないと時間が掛りますよね…クリエイテブの世界と写真の分野とを、どう住み分けするかでしょうか??
    好みの問題でそうね…
     いづれにせよ、皆様お一人お一人の渾身の力作に接して感動の刻を過ごす事が出来ました。
     折角のご案内、有り難うございました。では
     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。