バーゲン

2006年1月29日

バーゲン
最近 バーゲンで買ったお気に入りのスカート。
コシノ ヒロコ風+ちょっと甘ったるさ。チャコールグレーの色が甘さを抑えている。

Categories: 日々の事.

車窓の富士

2006年1月28日

車窓の富士
病院のシステムが変わり、先生の前のPCの画面で
調薬から次の予約、様々な検査の結果。その上 従来のカルテにもペンで書きこまなければならない、これでは患者さんの顔を見る暇がないのですよと珍しく弱音。先生それは困ります、声だけ聞いて流れ作業ではね。

Categories: 日々の事.

息吹

2006年1月27日

デンマークカクタス
カクタスちゃんが頑張っています。
水をやらないでいるのはちょっとつらい。庭の植物はバラを除いてあまりの寒さに青息吐息、クリスマスローズも葉は青々としているけれど花はまだ。室内のアスパラガスファーンはつんつんと新しい茎を伸ばし若い緑の葉を次々と付けていく。注意深く観ていこう、新しい生命の息吹を見つけるのは嬉しい。

Categories: 日々の事.

ミュンヘン

2006年1月26日

ミュンヘン
今日は検診日、数値は AST 17 ALT 8と絶好調、この分ならジャズダンスでもヨガでも何やっても良いとの先生のお墨付き。そう云われても今まで静かーに静かーにとお能のように暮らしてきたのにどうしたもんかな?しかしこういう生活の限界を感じてた なにしろあちこちの筋肉が強張ってる。今 スピルバーグ監督のミュンヘンがTVで宣伝しているので本を読んでいる。ゴルダ メイアとかダヤン将軍 日本赤軍 当時のお馴染みの名前が出てきてそうだったのかと思うことばかり、と同時にアラブに暮らしてアラブ人の羊が全ての財産という生活も見てきた。アメリカでは気が付けば私のブリッジのパートナーは全てジュウイッシュ 我々土地を持たない民は教育だけが財産なのよと折に触れ語っていた彼ら。スピルバーグとしてはこれは是非撮らねばならない題材だったに違いない。

Categories: 日々の事.

藪椿

2006年1月25日

藪椿
25年前、我々はクゥエートにいた。灼熱の国、ボンネットで目玉焼きが2分で出来る。しかし短いがアヤメの咲く春もあるし潮干狩りの初夏もあり冬にはコートも必要だった。その頃壮年であったろうジャビル首長が15日になくなりその頃から実質的に政権を握っていたサバハが首長になりそうだ。その間 イラクの侵攻もあり、我々と親交のあったあの国の人たちはどうしているかしら。英語学校でクラスメートだった数少ないクゥエート人の友人、後は殆どが外国人だった。

Categories: 日々の事.