御ぜんざい

虎ノ門病院での検診のあと、カメラを持って深大寺へ。まずは御昼近かったので腹ごしらえ。
時々無性に小豆が食べたくなる。学校から帰って御ぜんざいの匂いがふわーと漂ってくると
安心感というかなんだか幸せな気持ちになったのを思い出す。関西では御ぜんざい、ここでは田舎汁粉というらしい。

“御ぜんざい” への2件の返信

  1. 11日はちょうど鏡開きでしたね
    我が家は神棚からおろして中の切り餅を出しただけ
    お汁粉は食べませんでした
    作ったこともありませんが、亡母が作ってくれた事を思い出しました
    関東では粒々の無いのをぜんざいと言います
    (嫌いなものが少ないので気がひけますが)お汁粉もぜんざいもどちらも大好きです
    田舎汁粉は甘いもの好きの母につながります

  2. 関西で御しるこは晒し餡を溶かしたココア状のものになります。そういえば鎌倉の甘味処で食べた御ぜんざいは牡丹餅状の餡が御椀に入っていてちっちゃな御餅が底の方に隠れていました。びっくりして半分も食べられずとうとう御餅まで到達しなかった覚えがあります。処変わればですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。