くぎり

_14A4341春先になると母がイカナゴを煮て送ってくれます。こちらではくぎ煮というらしいですが、家ではこれはくぎりと呼ばれていました。私の記憶では祖母が沢山煮て親戚に配っていました。私も手前味噌を多くの人に配って人に作ったものを配る喜びをしっていまいました。祖母や母はそれに加えて親戚に配ることで私の家族という認識が強かったように思います。

_14A4338

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。